精子提供(せいしていきょう)・精子バンク(せいしばんく) ボランティア・個人・無報酬 タイミング法しない

公益・非営利団体 精子バンク(せいしばんく)機関の精子提供(せいしていきょう)ドナーです。ボランティア・無報酬であり、タイミング法はしないです。こちらの個人ブログでは、主に、子どものお母さん、お父さんになられた方が子育ての参考とできるよう、記しています。また、子どもでも自然に分かる文章となれば、嬉しいです。

物事を伝える 方法ごとの特徴

 

物事を伝える

親となる方に対して、物事を伝える方法ごとの特徴を整理してみます。

 

口頭で伝える場合

  • 互いに、すぐさま答えられる   (解決案を様々に広げた後、現実に即して絞り込む場合に、とても適しています。例えば、精子提供を数周期続けても妊娠しづらい方と、その解決案を出し合う場合です。)
  • 言葉以外を加えられる。主に、音の高低の調子、強弱の調子、間の取り方など。   (意味よりは、感情や体調が伝わることの多い部分です)

 

文章で伝える場合

  • 主に、内容と構成が適切か調べてから、伝えることが可能   (知識や経験の蓄積がある精子提供者であれば、情報提供が整理整頓されています。それによって、子どもを望む方の貴重な時間を、十分に活用できます。)
  • 伝える前に通し読みして、文脈を整えることができる   (文脈で、言葉の意味は変わります。書き手が、想定していない意味で受け取られないか、注意します。)
  • 無駄や意味の重なりを、取り除くことができる   (読み手の負担が減ります。すっきりとした、すがすがしい印象となります。)
  • 同時に、不特定多数の人に伝わる   (私のブログでは、依頼なさる方の体験談などを、許可を得たものに限り、なおかつ、必要最小限にとどめています)
  • 自動的に、保存される   (長く、多くを書くに伴い、意見の移り変わりが生じるかもしれません。人間ですから、それは自然なことです。)

 

 

 

※ カテゴリー「表現と 心の触れ合い」を作った過程は、次の記事をご覧ください。