精子提供(せいしていきょう)・精子バンク(せいしばんく) ボランティア・個人・無報酬 タイミング法しない

公益・非営利団体 精子バンク(せいしばんく)機関の精子提供(せいしていきょう)ドナーです。ボランティア・無報酬であり、タイミング法はしないです。こちらの個人ブログでは、主に、子どものお母さん、お父さんになられた方が子育ての参考とできるよう、記しています。また、子どもでも自然に分かる文章となれば、嬉しいです。

お子さんと親になる方を 考えて書く

 

考えて書く

文章理解の過程は、お子さんや親になる方、それぞれです。

そして判断、つまり伝えられた物事の内容や価値を見定め、それについての考えを決めるやり方も、それぞれです。その過程とやり方は、私と一致しないこともあります。

私の意図を、明確にその方々に伝えるために、相手の立場に立って文章を書くことが、大切だと感じています。

お子さんと親になる方へ 何を伝えたいのか

主に、私の形質です。

つまり、生物としての私がもつ、顔体の形、健康状態、そして物事の成し遂げ方の特徴です。簡単に言えば、遺伝によってお子さんに現れる性質です。

 

とはいえ、今の私のどこからどこまでが、遺伝と環境で形作られているのかは、明確に分けがたいものです。

そこで、お子さんと親になる方のためになりそうな話題を、手探りで書いています。

 

基本的に、依頼なさる方との話し合いを大切にして、お子さんにとって望ましい精子提供活動を形作っています。

お子さんと親になる方が 何を望んでいるか

色々とご相談を受けてきた体験から、ケースバイケースで考えるの良い気がします。

 

あえて言えば、分かり易い文章を望んでいるようです。

というのも、子どもを望む方は、妊娠活動以外にも仕事や通院などで、時間もお金も限られていることが多いからです。

私も含めて、シンプルな方が行動に移しやすいものです。

お子さんと親になる方は 書かれたものをどう感じるか

これは、ケースバイケースです。

 

虐待を受けた方から、ご相談をいただくこともあります。

私は小さな体罰を受けたことはありますが、虐待と感じるほどの体験はありません。

そのため、本当のところは、その方の身になって考えることは出来ていないのかもしれません。

けれども、虐待についての動画やウェブ記事に目を通し、「私の記事がどう感じられるのか」が理解できるよう努めています。

お子さんと親になる方が 置かれた家庭環境はどうか

これは、ケースバイケースです。

 

 

相手が置かれている家庭などの状況に応じて、適切に対応できるようにしています。

その他、その方の経済状態、人間関係、そして社会的な身分や地位を、ご自分からお話しくださったときにも、各々の状況に合わせて、ご相談に応じます。